フルーツ青汁 

 

日本人の味覚に合わせたフルーツ青汁の飲み方

 

飲み物の中でお茶は最も日本人の味覚に合っているため、それをフルーツ青汁と合わせて飲む事で渋さや苦さを軽減できるメリットがあります。 またほうじ茶や抹茶を混ぜれば、ダイエットやデトックス効果も期待できるためフルーツ青汁を飲む方には最適の代替品です。

 

さらに渋さを軽減するならば玉緑茶もお勧めで、渋みが一切なくなる上にほうりょく茶にすれば青汁らしさを無くした上でお茶の味を楽しめます。香りが苦手な人には玄米茶もあり、こちらはビタミンやアミノ酸も含まれているので食生活に不足しがちな栄養素に合わせて選択するのもお勧めです。

 

ほうじ茶や玉緑茶がすぐに準備できない方はウーロン茶も代替品になるので、試してみましょう。

 

一緒に食べたくなるお勧め食品について

 

フルーツ青汁のメリットを活かす方法は食物繊維の含まれた食品を同時に食べる方法で、その中でもヨーグルトやサラダは腸内環境を大きく改善できます。また渋さや苦さを消す方向性で楽しみたい方は、レモンにビタミンCが多く含まれているのでアンチエイジングに最適です。

 

尚純粋に食事を楽しみたい方は、肉料理にフルーツ青汁を掛けるとさっぱりとした味付けになるので試してみましょう。中でも唐揚げやフライドチキンは元々バリエーションの多い味付けの料理なので、違和感なく楽しめるメリットがあります。